Life Flower
日々の生活や花屋のこと、大好きなフラワーデザインをアップしていきます☆
プロフィール

inaochan

Author:inaochan
【管理人】稲田 有希☆
【住所】福岡県北九州市門司区
【生年月日】1982年5月20日
【好きな事】花鑑賞・写真・ドライブetc♪
はじめまして(^^)/Life Flowerブログです★
ぜひご覧ください☆

最新記事

facebook

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ

ヒガンバナはどうして彼岸花っていうの?
みなさん、こんにちわ(*^-^*)

今日は少し暖かくなっている、福岡県北九州市です

土曜日の午後、いかがお過ごしですか?

さて、夏から秋に移っていくこの時期になると、あぜ道や畑の周りに咲くお花、

彼岸花(ヒガンバナ)が出てきます。曼殊沙華とも言いますが、

お店にも「リコリス」や「ネリネ」といった、彼岸花に良く似たお花が並びます。

よくお客様からご質問されるのですが、

「ヒガンバナはどうして彼岸花っていうの?」と聞かれます。

DSCF2024_convert_20171007161912.jpg
【ネリネ☆】

ズバリ言いますと、お彼岸の頃に咲くお花なので、彼岸花と言います(o・ω・)ノ))

そんなの知っているよ~と言われる方も多いかもしれませんが(笑)、

では、なぜヒガンバナは、お彼岸の頃に必ず咲くのでしょう?

じつは、夏から秋に移り変わる急な温度差によって開花されるといいます。

ヒガンバナは、球根植物なのですが、夏の暑い時期は、土の中でじっとしています。

そして、急に温度が下がったころに、球根から花芽を出してきます。

では、冷たい地方から順番に咲いていくのかといったら、そうでもありません。

全国どこでもみなお彼岸の頃に開花していきます。

それはなぜかというと、暖かい気温と冷たい気温の差、いわゆる寒暖差がみられる頃に

咲くからなんです。その寒暖差が10℃なのか5℃なのかはわかりません。

ですが、その寒暖差は、全国どこにでも起きますので、彼岸花は、

お彼岸の頃に必ず咲くと言われます。

よく、「暑さ、寒さも彼岸まで」という言葉がありますよね。それは、

季節が移り替わることを意味しています。

ヒガンバナは、それをいち早く察知しているお花でもあります(*^-^*)

DSCF2003_convert_20171007163654.jpg
【S様ご予約お誕生日のお花束☆】

少々うんちくをたれてしまいましたが

秋のお花も次々と入荷してきています(*^-^*)

DSCF2011_convert_20171007164119.jpg
【今週のウィークエンドフラワー:コスモス&ワレモコウ…500円(税込)】

秋は芸術の秋、食欲の秋、運動の秋などさまざまですが、

お花は、皆様の暮らしの中に秋を取り入れる要素がたくさんあります(o‘∀‘o)*:◦♪

DSCF2007_convert_20171007164731.jpg
【T様ご予約:テラリウム内のグリーンのご提案☆】

上記のお写真は、ステンドグラス作家様よりご依頼いただいた、

グリーンのご提案です(*^-^*)☆

美しいガラスの中に、小さなお庭を表現するように多肉植物や

観葉植物などをあしらいました。

お気に召していただけたようで、なによりでした☆

DSCF2017_convert_20171007170541.jpg
【オバケカボチャ☆】
10月31日…ハッピーハロウィン

お店も少しずつ秋色に変わっていきます

DSCF2018_convert_20171007171135.jpg
【サンキライ☆】

お花を眺めながらおいしいものを食べたり、ほっとしたり、笑顔が増えたり

DSCF2001_convert_20171007171524.jpg
【WEEKENDFLOWER:ウィークエンドフラワー】

花のある暮らしをご提案いたします☆

本日もブログをご覧くださり、ありがとうございますm(__)m☆

※10月9日(月)祝日は、店休日となります。


















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する