Life Flower
日々の生活や花屋のこと、大好きなフラワーデザインをアップしていきます☆
プロフィール

inaochan

Author:inaochan
【管理人】稲田 有希☆
【住所】福岡県北九州市門司区
【生年月日】1982年5月20日
【好きな事】花鑑賞・写真・ドライブetc♪
はじめまして(^^)/Life Flowerブログです★
ぜひご覧ください☆

最新記事

facebook

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ

終戦の日
DSCF2002_convert_20170815155350.jpg


8月15日、今日は終戦の日です。

この日は、日本人にとってとても大切な日ですね。

戦後72年という月日の中で、戦争を知らない世代も増えてきました。

8月15日が何の日であるか?知らない若い人もいると思います。

しかし、決して忘れてはならないものである為、

この時期になると、TVや新聞など、多くのメディアが、

戦争体験者やその家族らが、悲痛な想いを語り、それらを報じます。

DSCF2008_convert_20170815160216.jpg

最近は、隣国のミサイル発射などで、『戦争』という二文字がかなり身近なものに

なってきました。

先日、TVで隣国の女性が「私は、敵が核でかかってこようとも、包丁を持ってたちむかう。」

と発言していました。本当に恐ろしいことです。そして、大半の日本人が、

それはおかしい、間違っている、戦争は憎しみしか生まないということを

当たり前に感じたと思います。それは、敗戦国として辛い過去を踏んできたから、

多くの戦争被害者がその辛い過去を伝えてきてくれたからこそ、

思えることなのではないでしょうか。

DSCF2003_convert_20170815161259.jpg

昔、戦争を経験された方や、そのご家族から、遺品が残っていないか探すお仕事に

携わったことがあります。

お電話でお問い合わせをいただくのですが、短いものでも、

一回のお問合せで30分~1時間お話を聞くのは当たり前です。

そして、感じたことは、70年あまり経った今もなお、戦争は

こんなにも人々を苦しめているのかと…。

自身には、耳に焼き付く言葉があります。

それは、『あなたにはわからない…』という言葉です。

戦争体験をされた方が、昨日のことのように当時の状況を語って

くださり、そのやり場のない怒りや思い・気持ちから、

「ごめんなさい。あなたに言ってもしょうがないってわかってる。だけれども…

あなたには絶対にわからない…。」と、どうしようもない思いを伝えてくださいました。

胸がつまる思いでした。

DSCF2007_convert_20170815163608.jpg

私たちは、その傷を癒すことはできません。

ですが、過去の過ちをこれからも伝え続け、それらが二度と繰りかえされぬよう、

努力していくことはできます。そこにつきるような気がします。

武器をむければ、武器でかえってくる。

私たちができること、、、

当時の悲惨な状況が映った写真、映像、資料、語り伝えが、私たちの見えない

武器のような気がします。戦争で命を失った方々が残してくれた財産です。

8月15日は、そんな辛い辛い戦争が終わった日。

私たちは、決して忘れてはなりません…。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する