Life Flower
日々の生活や花屋のこと、大好きなフラワーデザインをアップしていきます☆
プロフィール

inaochan

Author:inaochan
【管理人】稲田 有希☆
【住所】福岡県北九州市門司区
【生年月日】1982年5月20日
【好きな事】花鑑賞・写真・ドライブetc♪
はじめまして(^^)/Life Flowerブログです★
ぜひご覧ください☆

最新記事

facebook

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ

戻ります!
みなさん、こんばんわ

最近は暖かくなったり寒くなったり、まだまだ体調に気をつけないといけませんね。

さて、母が大学病院へ移って2週間が経ちました。

全ての検査を終了し、明後日は門司の病院に戻ることになりました

大学病院では、肺の血管に放射線物質を入れ、細かい血管の中に血栓がないか

調べる検査を行いました。そして、心臓カテーテルで肺動脈に問題がないかも調べ

ました。真っ暗な部屋で検査をしたり、なんども注射をしたり、母はよく検査に

耐えてくれたと思います

その結果、やはり難病です。岡山県の国立医療センターでみてもらうかどうか、

医師から提案がありました。あらためて、母の病気の重さを感じました。

しかしながら、母は岡山には行かずに、家で療養をしたいと言いました。

入院してから数か月、私もさまざまなことを調べました。

できることは全てやってあげたいと思いました。しかし、難病です。

これから、母が劇的に良くなることはないと思います。

ましてや、運びこまれた時のことを考えたら、ここまで回復したのも奇跡の

ようなもので…。いろいろなことを考えました。

そして、娘である私は、最後は本人の好きなようにさせようと思いました

岡山へ行き、専門医により、もう一段階上の診療を受けてもいいとも思いましたが、

弱ってしまった母です。遠く離れて一人で身の回りのことを行い、寂しくないわけが

ありません。身体を少しでも良くしたい気持ちはありますが、母の精神を考えると

私も岡山へ行くことはあまり気がのりませんでした。

今の状態で家に帰ると、正直またいつ何が起こるかわかりません。

しかし、母は家に戻りたいと言いました。娘の私がこれから行っていくサポートは

大変なものになるかもしれません

しかし、弱い身体で4人もの子供を産んで、ここまで育ててくれた母です

きっちり最後までみてあげようと思います。

あと5年でも10年でも生きることができたのなら、

それはありがたいことだと思ってですね(^_-)-☆☆

さてさて、やることが山ほどあります☆☆☆

血液が固まりやすい母です。温かくしておかなければなりません。

家の環境を急いで整えなければなりません。

明日はトイレの工事、再来週は給湯器の取り換え、

在宅酸素の機械設置。。。間に合うかなぁ(^_^;)

とりあえず、今日は早めに休もう

おやすみなさい★




スポンサーサイト